参考になる質問と答え

その他に関する Q&A

睡眠時無呼吸症候群に関する Q&A

Q1
彼が、最近ますますいびきがひどくて無呼吸になる回数が多くて・・この前は22秒ぐらい。特に首回りに脂肪がついているわけではありませんが、扁桃腺が人よりでています。本人も熟睡できていないみたいで・・早急に受診したほうがいいのでしょうか? (23歳/女性)
山本
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上続く無呼吸発作が、一晩に30回 以上あるいは、1時間に5回以上の無呼吸がある人をいいます。スクリーニング検査として、簡易モニター装置による睡眠検査や、精密検査として ポリソムノグラフィーという検査で確定できます。いびき外来のある病院へ行かれると検査を受けることができます。一緒に寝ている人の迷惑は、さることながら本人のためにも治療が必要ないびきもあります。昼間の傾眠がおこるばかりでなく 全身的に影響があるのです。慢性の酸素不足 となって高血圧、不整脈、糖尿病、心臓病、うつ状態・・・を引き起こすので最近では、たかがいびきとあなどれない、といわれるようになりました。 まず、太っているならやせることです。咽喉にも、脂肪がつき咽喉が狭くなります。 次に、耳鼻科で、鼻、咽喉に原因がないか診断してもらって下さい。その原因により、鼻の手術、扁桃腺の手術、咽喉を拡張する手術(咽頭形成手術) が必要になるでしょう。内科的治療としては、持続的陽圧呼吸装置というマスクをつけて眠る、自宅で簡単 に使用でき深い眠りを得る装置もあります。