参考になる質問と答え

レーザー治療 あざに関する Q&A

異所性蒙古斑 に関する Q&A

Q1
息子の「異所性蒙古斑」についてお聞きします。 現在、生後4ヶ月の次男の左手首(背部)に、直径5センチ程度の青いあざがあります。先日、3ヶ月検診で「これは消えないね」と小児科の先生にあっさりと言われました。 あまりにショックだったので言葉が出ず、詳しいことを聞けなかったのですが、 どうやら「異所性蒙古斑」のようです。色は濃い目です。 こちらのHPで拝見すると、治療をすれば消えるようですが、 生後どれくらいから治療は開始すればいいのでしょうか? レーザーということで、はやり痛みを伴うのでしょうか? 先日の検診では、小児科の先生から 「男の子だから、消えなくてもいいでしょう」と言われたのですが、 できることなら消してやりたいと考えています。
山本
手背の異所性蒙古斑は、レーザーでとれます。 HPに掲載している通りです。 HPの方は、1回目でかなり薄くなり、3ヶ月後の2回照射で取れました。 手を見ていただければ、お分かりになると思いますが、同じ赤ちゃんの頃に、 治療を終了しました。再発もしていません。子供は泣きますが、抱っこして、 手を押さえながら照射します。 照射の前には、麻酔のテープを貼ります。他にも症例はあります。 保険がききますので、この近辺の方なら、乳児医療で、1回200円です。

扁平母斑 に関する Q&A

Q2

質問1

扁平母斑は50パーセントしか治らないとしても、 赤ちゃんのうちにレーザー治療を受けた方が効き易いのですか? 本人が気にする年になるまで放っておくか悩んでいます。 もうじき六ヶ月になる女の子です。 (右目尻下8mm位の所に3ミリ×8mm位の茶色いしみが米粒みたいにあります。)

質問2

目じり下8mm位の場所に米粒くらいのものですが、治療にあたり、 目の近くという点で、危険が大きいのでしょうか? 治療して頂く場合は、やはり押さえつけて照射する事になりますか? その際は親が押さえつける事も出来ますか? また照射にはどれ位の時間がかかりますか?

山本

回答1

扁平母斑という診断なら、早く照射する必要はありません。 本人が、気にする時期まで、お待ちになっても、差し支えはありません。 効き目は、同じです。 親の方が気になるというなら別ですが、扁平母斑は、再発してくることもあり、 その場合はまた、照射を繰り返しますが、適切なレーザーで、薄くなるのは確実です。

回答2

目の近くですので、レーザー光が、目にはいらないように注意が必要です。 幸いにも、眼球とは、少し距離があるようですので注意深くすれば大丈夫ではないでしょうか。 生後6ヶ月ですので、抱っこか、寝かせて押さえて照射します。 ほとんどの親御さんが、押さえてくださいます。 3×8mmと小さいものなので、2,3発当てるだけですので10秒程度です。 照射後は、一時的に今より、濃くなります。

血管腫 に関する Q&A

Q3
9ヶ月の乳児。耳の下辺りにイチゴ状血管腫と皮下に海綿状血管腫を併発しております。いちご血腫はレーザーで薄くなっていますが、海綿状血管腫はじわじわと大きくなってきています。レーザーでは効果がないと聞いておりやはり手術が必要でしょうか?小さくなる事は無いのでしょうか?赤ちゃんと言うこともありまた場所が場所なので心配です。
山本
苺状血管腫は、生後6ヶ月から7才頃には、消えてしまう可能性のあるもので待つという方法があります。大きく盛り上がったものは、シワシワになり、赤い色が残ることもあるので生後早くからレーザー照射をすることもあります。 これに対し、海綿状血管腫は、少し難しいもので、自然に消えることはないといわれています。特に深いところまで入りこんだものは、全くレーザーは無効です。 切除手術しか方法がありません。硬化療法、塞栓療法をしている施設もあります。 目立つ場所か、大きさ、深さ、年令的なことを考慮し、主治医の先生と一番いい方法を選択してください。