参考になる質問と答え

日帰り手術 眼瞼下垂に関する Q&A その4

眼瞼下垂に関する Q&A

Q1
3ヶ月前に眼瞼下垂の手術をしたのですが、最近眼が痛むので眼科に行ったところ 「黒目に傷がある」と言われました。
Q2
右目先天性眼顕下垂の娘を持つ母です。娘は1歳3ヶ月の時に、黒目に光が入っておらず弱視になる恐れから、眼顕挙筋手術をしました。
Q3
(1回目) 眼瞼下垂に力を入れている有名医科大でオペを受けました。術後2ヶ月ほどで方目だけ二重の上に薄い線ができ三重までいきませんが
Q4
ある大学病院で前転法という下垂のオペをうけました。約3ヶ月たちましたが、朝、まだ腫れています。 そして、涙腺のところではなく、瞼の裏あたりからジワーと涙がでてくる感じがします。
Q5
先日(8/7)に下垂の手術を受けました。コンタクトによる軽度の下垂で、手術法については、担当医師に確認しておりませんが、オペの説明書には弱くなった腱の強化と書いてあります。
Q6
眼瞼下垂についてお聞きしたいのですが、私は一重瞼で、数年前に美容外科で二重の埋没法の手術を受けました。
Q7
私の場合,症例写真にあったように,おそらくコンタクトの長期装用が原因の眼瞼下垂ではないかと思っています。以前からこの手術を受けたいと考えているのですが,
Q8
僕は半年ほど前、奥二重を二重にするためにと水をつけながら爪などで癖付けしようとしたんですが、癖がつくどころか、皮膚がたるんで老化したようになってしまいました。

眼瞼下垂に関する Q&A

Q1
3ヶ月前に眼瞼下垂の手術をしたのですが、最近眼が痛むので眼科に行ったところ 「黒目に傷がある」と言われました。 原因は、眼瞼下垂の手術により 眼が閉じきれず、常に眼が少し開いた状態なのでドライアイになり黒目に傷がついた、とのことです。 もともと左目が下がっており、手術後も右目に比べると左目の目のほうが開きが悪いので眼瞼下垂の手術をしていただいた形成外科の先生は再手術の可能性もある、とおっしゃってましたが、 上記に書いたように眼科ではドライアイにより黒目に傷がついていると言われたので、再手術はしないほうがいいのかと思ったのですが、どうでしょうか? もし再手術してさらに持ち上げると、より眼が閉じづらくなるものでしょうか? もしくは術後の一時的なものなのでしょうか?ちなみにもともと下垂していた左目は手術前、つまり昔から寝ている間に眼が少し開いていました。 右目に比べ左目のほうが筋肉が弱いということでしょうか。形成外科の先生からはなにも言われませんでしたが・・・ またこれが時が経過しても閉じないままであれば眼瞼下垂手術の後遺症となるのだと思いますが、ずっとドライアイにより黒目に傷がついている状態だとさらにどのような後遺症がでてしまうのか心配です。形成外科の先生と眼科の先生で主張が異なるので、先生はどう思われますでしょうか?
山本
まとめてみます。 3ヶ月前に両目の眼瞼下垂の手術をしたが、左目の上がりが悪い。にもかかわらず、眼科では術後、左目が、開いていたのが原因で左角膜に傷ができたといわれた。 術後、下がってくることを見越して、オーバーコレクション(過矯正)にしますので術後しばらくは、目が閉じにくいことがあります。 今は、閉じにくいというより、左がまだ、下がっているので、手術の効果がなく、左の再手術を予定されていることもわかります。 寝ている時、目が開くのは、癖もあるでしょうが、起きていて、目が閉じているのなら手術の後遺症とはいえません。 形成の先生も、こういうケースは、慣れておられると思いますので、眼科の診察結果もおっしゃって、よく相談してみてください。
Q2
右目先天性眼顕下垂の娘を持つ母です。娘は1歳3ヶ月の時に、黒目に光が入っておらず弱視になる恐れから、眼顕挙筋手術をしました。しかし、2歳6か月の今、保育園の子や他人から目の異常を指摘されはじめたので再手術を考えています。やはり再手術は難しいのでしょうか? また、同じ右目がどうやら内斜視らしく、近々検査をしてもらいに通っている大学病院へ行く予定です。内斜視の場合、眼顕と同時に手術は難しいのでしょうか?また、最近の小学校などは、些細なことがいじめにつながるため、できれば違和感なく普通の目にしてやりたいのですが、親の欲でしょうか?あきらめないといけませんか?大学病院は質問にあまり答れません。また最近聞いたのですが、足の筋肉を移植する手術もあるというのは本当でしょうか?
山本
右先天性眼瞼下垂で、1才3ヶ月の時に眼瞼挙筋の手術を受けられたのですね。 外見的に、あまり効果がなく御心配なのはよくわかります。 先天性の場合、挙筋そのものが、悪い場合が多いので、上記の手術で効果がなければ、前頭筋(おでこのところの筋肉)を補強します。大腿部外側(ふともも)のところの大腿筋膜張筋腱を使うことが多いです。 この場合でも、成長中の子供に行うので、修正手術が必要になることも多いです。 この手術だけでも大変ですので、内斜視の手術を同時には普通はしません。 手術をしてくださる先生とよくお話されるのがいいと思います。
Q3

1回目

眼瞼下垂に力を入れている有名医科大でオペを受けました。術後2ヶ月ほどで方目だけ二重の上に薄い線ができ三重までいきませんがやたら瞼が重くなり半年経過を見ました。 執刀医に相談に行ったら 「癒着が外れたせいです」と言われたのですが下垂オペで作る癒着は たった2ヶ月くらいで取れたりするものなのでしょうか? また再手術しても取れる可能性があるということでしょうか?

2回目

その修正手術についてなのですが 外れた癒着を固定するために 溶ける糸を使用し抜糸はしないと 執刀医は言ってたのですが 調べてみると 溶ける糸は傷跡が汚く残りやすいということを知りました。 今でも傷跡が汚いのに これ以上目立つ傷跡を作りたくないのですが 再手術がとても不安です。 溶ける糸について 詳しく教えて頂けないでしょうか?

山本

1回目

左右のバランスが悪く、特に片目が重く、やや三重に近い状態になっているのですね。半年待たれたのでしたら、もうこれ以上あまり変化することはないと思われます。 2ヶ月位で、取れたりしないようにしっかりと固定するので、可能性はありますが、多いトラブルではありません。 挙筋そのものに、左右差があり、片方が弱い場合もあります。 また、手術となると、気が重いでしょうが、上眼瞼の皮膚を少し取る、もう一度、挙筋をしっかり固定しなおす、という修正手術を受けられた方がいいと思います。全体の文章の意味がよくわかりません。

2回目

病院によって方法、考え方が違うので手術されたところで聞いていただくのが一番良いかと思われます。 あくまで、参考ですが、当院で使用している糸について述べます。 挙筋は、溶けない糸である、ナイロン糸で縫います。これは皮膚の下の操作ですので、抜糸はしません。永遠に糸が、そこにありますので、しっかりと固定されます。万が一の再手術の時にも、それが記しになっているので、何がいけなかったのか、よくわかります。手術の時、バイクリル、デキソンといった溶ける糸を使う時があります。それは、糸が溶ける方が望ましいところ、たとえば、薄くなった結膜を補強する時に使います。いつまでも、糸があると、目がゴロゴロしますので、傷が治ってしまえば溶けたほうが望ましいからです。 皮膚縫合は、ナイロン糸で縫いますので、1週間後に抜糸します。

Q4
ある大学病院で前転法という下垂のオペをうけました。約3ヶ月たちましたが、朝、まだ腫れています。 そして、涙腺のところではなく、瞼の裏あたりからジワーと涙がでてくる感じがします。 一日仕事をしていると眼が大変疲れ、涙でうるうるして、目のふちが真っ赤になります。 これが、まだ腫れている原因なのでしょうか? 眼科を受診しましたが、白目はきれいなので結膜炎とかにはなっていないとの事でした。 オペ後2週間後の抜糸までに、たまねぎにしみるように涙が出たことがありましたが、関係があるのでしょうか? 大学病院に電話をしてもアドバイスがもらえず診察に来て下さいの一点ばりです。 診察には行く予定はしていますが、行って解決するものなのでしょうか? 修正手術とかいわれたらどうしようかと心配でたまりません。
山本
兎眼といって、目を閉じた時に白目が見えたままになり、角膜が乾燥するという現象が、術後しばらく続くことがありますが、たいてい時間がたつと解消されてきます。 腫れが引く目安は、3ヶ月ですが、半年位かかる場合もあります。 止めている糸が、裏からのぞいて刺激して、涙がでる可能性も考えられます。 そういう状態かどうか、診察の上でないとはっきりといえません。 外見的に問題なければ、術者でないとわからないと思います。やはり、手術をされ た病院に早く行って診てもらってください。
Q5
先日(8/7)に下垂の手術を受けました。コンタクトによる軽度の下垂で、手術法については、担当医師に確認しておりませんが、オペの説明書には弱くなった腱の強化と書いてあります。(確か術中に先生がアンダーソン医師が開発した方法?と言われていた気がします)元々の瞼は奥二重でしたが、術後の腫れのせいなのか、切開線とその上部に元からある二重の線で三重の状態になっています。このまま三重の状態になってしまうのか不安です。 通常は切開線がその後二重のラインになるのでしょうか?もし腫れが引いても三重のままなら、再手術で奥二重にすることは可能でしょうか?その際どんな術式が考えられますでしょうか。
山本
御心配でしょうが、手術が8月7日でしたら、色々考えても疲れるだけです。 まだまだ腫れのある状態ですから、最低でも3ヶ月、半年は、待ってから次のことを考えましょう。 腫れがひいても、三重になっているようでしたら、手術方法はあります。
Q6
眼瞼下垂についてお聞きしたいのですが、私は一重瞼で、数年前に美容外科で二重の埋没法の手術を受けました。それから、数年経ち、二重の幅が狭くなり、再度、埋没法で手術を受け、目頭切開の手術もしました。二度目の二重の手術から、現在5年程経っていて、また二重の幅が狭くなってきました。ですが、前回の二重の幅が狭くなった時とは症状が明らかに違うんです。そんな時、サイト等で眼瞼下垂の症状を知り、今の私の症状に当てはまっていると感じました。ですが、二重の手術を2回していますので、瞼の裏に糸が4本ある状態なのです。そんな状態で眼瞼下垂の手術は可能なのでしょうか?
山本
眼瞼下垂の手術は可能です。 埋没法の影響で、眼瞼下垂になることは、たまにあるといわれています。 眼瞼下垂の手術のあとの皮膚縫合の時、二重になるように縫い合わせるので、切開法による二重の手術を受けたのと同じことになります。 埋没法を何回受けておられても関係はありません。
Q7
私の場合,症例写真にあったように,おそらくコンタクトの長期装用が原因の眼瞼下垂ではないかと思っています。以前からこの手術を受けたいと考えているのですが,この手術はまだ歴史が浅いのでしょうか? また,再手術をすることもあるように聞いたのですが,再手術を受けることはまれなケースなのでしょうか?
山本
最近話題になっていますが、以前よりある確立された手術方法です。 再手術は、他の手術に比べると多いかもしれません。 それは、美容的な問題のこともあり、年数がたつと再発することもあるからです。 稀ですが、機能的に不十分な時は、止めた糸や挙筋の再調節をさせていただくこともあります。
Q8
僕は半年ほど前、奥二重を二重にするためにと水をつけながら爪などで癖付けしようとしたんですが、癖がつくどころか、皮膚がたるんで老化したようになってしまいました。おまけに、奥二重だった目は一重になり、二重ラインを作っても皮膚がたるんでいる感じです。(皮膚が引っ張られていない) 眼瞼下垂を疑ってみましたが、上瞼のたれこんだ分細くなったという感じで、一重の状態でいるときはさして以前と変化がなく、二重にするときだけ皮膚が引っ張られていないようなのです。たるんだ上瞼を軽く手で持ち上げたとき、目の開きは眼瞼下垂の開きの悪さではありませんでした(※瞳孔よりも1〜2?開いていた)。ですから、眼瞼下垂が直接の理由ではないよう思うのです。ともすればなぜ瞼が二重になったときだけ引っ張られないのでしょうか。 瞼板は挙筋によって通常程度引っ張られている気もします、ただ皮膚だけは引っ張られている感じがしないのです。水を使いながら二重を作ろうとしたことにより、脂肪が減ったり瞼が薄くなったりして一種の老化のようなことが起こったのでしょうか? だとすれば、これを治す方法はないでしょうか。まだ若いので前のような目に一刻も早くもどりたい気持ちでいっぱいです。
山本
触りすぎると、皮膚が伸びて弛んだり、挙筋が瞼板より外れて、眼瞼下垂になってしまう可能性はあります。 自分で思う細かいことはさておき、診察の上で判断してもらいましょう。 これ以上悪い状態にならないように、出来るだけ目のことは忘れて触らないようにしましょう。皮膚だけ切除するか、挙筋の手術まで必要になるのかは診察の上でないと分かりませんが、手術されるのがいいかと思います。 もう爪で癖をつけなくてもすむように、同時に二重になるように仕上げてもらえばいいと思います。