参考になる質問と答え

日帰り手術 瘢痕(傷あと・ケロイド)その1に関する Q&A

顔面の瘢痕に関する Q&A

Q1
鼻を犬に噛まれまして、眉間の左下に長さ7mm 深さ1mmの噛傷ができました。形成をするとしても約1年間様子をみてからとのことなんですが、このくらいの傷だと傷跡を消す手術の費用はどの程度かかるのでしょうか。また保険はきくのでしょうか。
Q2
少し前に以前から頬の一部に瘢痕(縦2cm・横1cm)があったため切除して縫合しました(医師によると皮膚がかなり硬かったそうです)。
Q3
頬に長さが2センチほどの横方向の切開線が残っています。 この線をどうにかしてなるべくしわの方向(縦)にかえたいのですが、なにか方法はあるのでしょうか?非常に目立つため悩んでいます 。
Q4
顔面に一円玉ぐらいの大きさの段差を伴う瘢痕があり悩んでいます。修正術として皮弁法というものがあるそうですがこれについて詳しく教えてください。

事故後の傷あと

Q1
二ヶ月前に交通事故にあい左膝がアスファルトで深くえぐれてしまい 肥厚性瘢痕になっています。2つの形成外科を受診したのですが、どちらの方法が良いのか分らないので質問させていただきました。
Q2
10ヶ月前10歳の息子が交通事故にあい、足の外側のくるぶしから甲にかけて縦15cm幅4pの肥厚性瘢痕になっております。

ケロイド

Q1
(1回目の質問) にきびあとのケロイドが首に7個あります。大きさは、1p角が5個と2p角が2個です。今年の7月に美容外科で削りましたが、前とあまり変わりません。
Q2
22歳の女性です。 「ケロイド」というコトバで検索しておりましたら山本先生の病院がでてきました。多くの病院のHPを閲覧させていただきましたが、説明が一番詳しく、親切で女性の先生でしたのでメールさせて頂きました。

リストカット

Q1
4年前にリストカットをしてしまい、の外4本、内4本の傷があります。 傷跡は膨れ上がり、みみずばれの様になっています。

にきび跡

Q1
にきび跡の凹凸を治すために色々なレーザーで 治療してきたのですが深く入ったためか瘢痕皮膚になってしまい 肌理が変わって光沢が残ったのと メラノサイトが減少したことによって色が白く抜けてしまいました これらは表皮移植すれば改善すると聞きましたが 改善はするのでしょうか?

顔面の瘢痕に関する Q&A

Q1
鼻を犬に噛まれまして、眉間の左下に長さ7mm 深さ1mmの噛傷ができました。形成をするとしても約1年間様子をみてからとのことなんですが、このくらいの傷だと傷跡を消す手術の費用はどの程度かかるのでしょうか。また保険はきくのでしょうか。
山本
顔面の瘢痕形成手術は、保険3割の方で、1回約3万位です。但し、大きさにかかわらず、瘢痕のために拘縮があり、運動制限を認める時にのみ保険が適応されます。もし、そうでなければ、自費になります。あまり深くなく、小さな傷のようですので、自費になるかもしれません。
Q2
少し前に以前から頬の一部に瘢痕(縦2cm・横1cm)があったため切除して縫合しました(医師によると皮膚がかなり硬かったそうです)。しかしテープをはがし抜糸をした際に気がついたのですが切除した部位の上部にdog earができていました 目で見てはっきりわかりますし凸のように隆起しています。 勝手な自己判断ですが大きめだと感じています(ただし私は他にdog earをみたことがありません) 切除した医師は「徐々におさまってきます」とのことでしたが本当に自然におさまってくれるのかが心配です、もちろん私はその医師を信用していますが大きさが大きいだけに・・・・ 瘢痕が硬く大きかった場合は一般的にdog earの形成は必然的なことなのでしょうか? dog earというものは大きさに関係なく自然に違和感なくおさまってくれるものなのでしょうか? 個人的に調べたのですがこれは切ってもどすしかないと あったので非常に不安になっています。 それと自然に治るのが妥当とするならばどれくらいの期間で戻るのでしょうか?
山本
dog earとは、傷を縫合した時に、余分な皮膚で、両端が盛りあがり、犬の耳のようにみえることから、いわれるようになったものです。 このdog ear を作らないよう、デザインの工夫や中縫いをするのですが、それでも、できてしまった場合はどうするかということです。術中であれば、その時に端を延長し修正します。術後なら、端を1ヶ月から3ヶ月、圧迫固定します。 それでも、両端の盛り上がりがあるものは、半年以上待っても変化はありませんので、気になるようなら修正手術をします。 この場合、傷が長くなるか、端がジグザグの傷跡になりますので、患者さんの了解が必要です。
Q3
頬に長さが2センチほどの横方向の切開線が残っています。 この線をどうにかしてなるべくしわの方向(縦)にかえたいのですが、なにか方法はあるのでしょうか?非常に目立つため悩んでいます 。
山本
@全体に縫いなおして目立たなくする。 A全体にZ形成をして方向を変える。しかし横の傷を縦に出来るわけではありませんし、別の新しい傷ができます。 B傷の途中に、小さなZ形成を入れ、傷の線を中断させる。 Cレーザーで全体的に傷をぼかす。 以上が考えられますが、皮膚の余裕、硬さ、頬の場所によっても違いますので、形成外科を受診して相談してください。AとBは、どういうことか分かりにくいと思いますが、実際に絵を描いてもらい、説明を受けられると分かると思います。
Q4
顔面に一円玉ぐらいの大きさの段差を伴う瘢痕があり悩んでいます。修正術として皮弁法というものがあるそうですがこれについて詳しく教えてください。
山本
顔で一円玉ですとやや大きいものです。 丸いものを円形に切っただけでは、縫い代がなく縫合できません。紡錘形に余分にきり取って縫い代をとりますが、直径2cmのものなら、4cmから6cmの直線の傷になりますので、これではみばえがよくありません。顔でも、鼻のような硬いところは、皮膚が寄らず縫うことが出来ません。そこで、皮膚の欠損をうめるため、幾何学的に作図をして、皮膚を回転させたり、延長させることで、欠損を修復します。これが、皮弁作成術や皮弁移動術といわれるもので、方法は色々あります。

事故後の傷あと

Q1
二ヶ月前に交通事故にあい左膝がアスファルトで深くえぐれてしまい 肥厚性瘢痕になっています。2つの形成外科を受診したのですが、どちらの方法が良いのか分らないので質問させていただきました。 大きさはたて14cm横4cmのいびつな形です。 1つめの病院では、瘢痕が柔らかく、出来るだけ早いうちに切り取り、縫い合わせる方法。 2つめの病院では、瘢痕を圧迫して時間をかけて目立たなくなってから植皮を考える。今の状況では、瘢痕が赤く治っていない状態なので、手術をしても縫い目がみみず腫れになり今と変わらないと言われました。1つ目の病院ではかなり綺麗になると言われました。方法が全く違うので迷っています。
山本
私は、2件目の病院の考え方です。 もう、2ヶ月経過していますので、今は、もう少し傷が落ち着くまでは、何も、積極的にはしません。少なくとも、半年は待ちます。肥厚性瘢痕を防止するための圧迫は、必要です。そのまま、切り取るには、範囲が広すぎます。膝はよく動くところです。術後の安静と固定をしなければ、傷は、よけい目立ってきます。治るところは、自然に治して、最小限の植皮にとどめるべきです。早く治したい気持ちは、わかりますが、この場合は、長期に構えて、あせらずゆっくり治す方が、あとあと結果がよいと思います。
Q2
10ヶ月前10歳の息子が交通事故にあい、足の外側のくるぶしから甲にかけて縦15cm幅4pの肥厚性瘢痕になっております。今までの治療は、圧迫固定などせずヒルドイドとステロイド軟膏を処方していただいてます。現在の状態は、赤みや痒みが強く瘢痕の脹らみも8o程あります。多少のひきつれ感はありますが運動機能に問題はありません。先日、形成外科の医師から将来的に拘縮の可能性があるので、と植皮手術を勧められました。本当に手術した方が良いのでしょうか?また、手術をして今より状態が悪くなる可能性はありますか?現在は、見た目や痒み以外に問題はないのでとても不安です。
山本
足関節で、15×4cm というのは、かなり広い範囲です。 植皮が生着するための術後の固定、その後も縫合した傷の固定が必要なので、しばらく運動制限期間が必要になります。10才という年令を考えると酷なような気がします。 肥厚性瘢痕ということですが、増大傾向があるなら手術が必要になるかもしれませんが、運動機能に問題なければ今でなくても良いような気もします。 関節の、どの辺りなのかにもよりますが、固定がうまくいかないと傷が目立ってしまいます。 実際診察した上での意見ではないので、あくまでも参考にして、診て頂いた複数の先生の考えを聞いてください。

ケロイド

Q1

1回目

にきびあとのケロイドが首に7個あります。大きさは、1p角が5個と2p角が2個です。今年の7月に美容外科で削りましたが、前とあまり変わりません。この場合手術でケロイドを取り除く事はできますか。もしできる場合傷跡はどの程度まで 回復しますか。あと通院期間と費用を教えて頂きたいです。

2回目

またケロイドに関して教えて頂きたいのですが、山本先生の病院でケロイドをレーザーで削るという治療はしていただけるのでしょうか。もししていただける場合、費用はどのぐらいになるか教えてください。

山本

1回目の答え

本当にケロイドなのか、瘢痕なのか、診察してみないと、正確なことはいえません。 切除して取り除くことはできますが、ケロイドであれば、再発の可能性があります。 切除すれば、また傷ができます。1cm角のものであれば、2cmの長さの線の傷ができます。ケロイド体質かどうかも治療に影響します。手術が、最良の方法なのかどうかはよく考えてからにしましょう。 皮膚に余裕があれば、傷の固定期間は少なくてすみますが、1ヶ月から3ヶ月、テーピングが必要になるかもしれません。 治療は保険がききますので、手術代は、1回につき、皮膚腫瘍摘出術ということなら、5千円から1万円くらい、瘢痕形成術なら、2万円くらいです。どちらに属するのか診察しないとわかりません。したがって、治療期間もわかりませんのでご了承ください。お近くの形成外科のある、病院の受診をおすすめします。

2回目の答え

ケロイド も程度により様々です。ケロイドと御自分でおっしゃっているだけで、だだの瘢痕のこともあります。盛り上がっておらず、赤くないものなら、レーザーで削り、ぼかすこともできます。しかし過度の期待はしないでください。周囲との境をぼかす程度で、完全に傷跡が取れるわけではありません。盛り上がったものは、また、再発してくるので、余り効果はないように思います。効果があると、判断したなら、レーザーで、削ります。皮膚剥削術は、1回に付き、保険3割の方で、5000円位です。

Q2
22歳の女性です。 「ケロイド」というコトバで検索しておりましたら山本先生の病院がでてきました。多くの病院のHPを閲覧させていただきましたが、説明が一番詳しく、親切で女性の先生でしたのでメールさせて頂きました。 私は5年ほどの間 背中と肩、胸の部分、ピアス跡のケロイドに悩まされております。何度か皮膚科や形成外科にいってみましたが、なかなか信頼のできる先生が見つからないのです。切除をしてひどくなるのが恐くてなかなか踏み出せません。 それで本当なら診察をうけてお願いするところなのですが、失礼なのを承知の上、 信頼できる病院・先生を教えていただきたいと思いメールさせて頂きました。
山本
背中、肩、胸、耳というように、全身に渡っておりますので、ケロイド体質であることも考えられます。特に、背中、肩、胸は、ケロイドがよくできるところです。 想像されているように、手術しても、再発の可能性が大きいように思います。 ケロイドに関して、余り画期的な治療法はありません。 ドレニゾンテープ、シリコンシート、ヒルロイド軟膏、ケナコルトの注射、炭酸ガスレーザーで削り圧迫、切除して圧迫固定とデルモパン放射線治療,リザベン内服・・・などです。 いずれも、大きなケロイドには、残念ながら効果がありません。 京都駅前の冨士森形成外科の院長が、ケロイドの治療では有名です。一度御相談ください。

リストカットに関する Q&A

Q1
4年前にリストカットをしてしまい、の外4本、内4本の傷があります。 傷跡は膨れ上がり、みみずばれの様になっています。 どうしても傷を消したいのですが、ある形成外科では、傷は消す事が出来ない、内側の傷は薄すぎて手術をする必要がないと言われました。 皮膚移植も考えてはいたのですが、患部が汚くなってしまうので、しないほうがいいと忠告されました。 どの程度、患部に痕が残るのでしょうか? そして、皮膚移植以外の治療法があれば教えてほしいのですが。
山本
リストカットの傷は、@傷を切り取り、縫い直す方法。A植皮 Bレーザーで削る。という、3つの方法がありますが、どれも効果がもうひとつで、余り目立たなくすることはできません。 @の方法は、外4 内4 の傷があるということですが、接近していると、全部取るわけにはいきません。目立つ傷だけを選んで手術しないと、皮膚の余裕がない場所なので、縫った傷に、緊張がかかりまた元どおりの傷になります。1本の傷だけでも、最低3ヶ月は、テーピングし、しっかり固定しないと傷跡が目立ってくる場所です。 Aは、余りお薦めできませんが、傷の程度によります。 Bは、傷が深いと、白い瘢痕が取れないので、周囲をぼかす程度になるだけかもしれません。 何人かの方が、@やBの方法で他の病院でされて、良くならないのでと受診されていますが、当院でも方法がありません。 当院でも、@とBの方法でするのですが、前より少し良いかなというくらいで、@の方法も、最初はいいのですが、最終的に満足のいくものではありません。 ミミズ腫れがきついのなら、そこの箇所にステロイドのテープを貼るかステロイドの注射をする方法もあります。

にきび跡に関する Q&A

Q1
にきび跡の凹凸を治すために色々なレーザーで 治療してきたのですが深く入ったためか瘢痕皮膚になってしまい 肌理が変わって光沢が残ったのと メラノサイトが減少したことによって色が白く抜けてしまいました これらは表皮移植すれば改善すると聞きましたが 改善はするのでしょうか?
山本
移植すれば、移植したことによる傷が、顔に丸くできます。 移植のために使った部位(ソケイ部、脇の下が多い)に傷の線ができます。 広範囲ですと、顔の表情がそこだけありませんので、不自然になることもあります。 顔の皮膚と他の部位では、肌質が違うので馴染みにくいこともあります。 以上のことを考慮した上で、移植しかないのでしたら仕方ありません。 実際に診察した上でないと、正確なことはいえませんが、光沢のある皮膚、白くなった皮膚の治療はとても難しいです。 深いニキビ痕の治療それ自体もかなり難しいです。