参考になる質問と答え

その他 トレチノインに関する Q&A



トレチノインに関する Q&A

Q1
肝斑と診察をうけました。なかなか改善しません。 料金も家庭の主婦でも魅力的です。
Q2
顔全体にシミが、地図状にできています。 レチノイン酸とハイドロキノンの使用はますます濃くなってしまいました。
Q3
レチンAとは トレチノインと同じなのでしょうか?
Q4
トレチノイン治療を始めたいのですがどのようになるのですか。治療中、注意することがありますか。
Q5
トレチノインとハイドロキノンを通販で購入したいのですが、可能でしょうか。
Q6
出産後、目の下に肝斑ができてしまいました。トレチノイン治療は妊娠中は受けれないとのことですが、授乳中はどうでしょうか。
Q7
現在5週目ですが、レーザー後の赤い色素沈着が全然消えず、トレチレイン治療のシミも薬の浸透が悪いのか、重ね塗りしても反応しません。
Q8
以前から気になっていた顔のシミ(肝斑と思われる)を取りたい一心で大阪市内の皮膚科でトレチノイン治療をはじめました。
Q9
私は、にきびに、トレチノインを使って、もう2ヶ月がたちます。でも、使う前より、赤いぶつぶつが増え、なかったところにできたりもします。
Q10
ニキビにトレチノイン治療を開始して1週間たちますが、顔は真っ赤で乾燥しツッパリ感もあるのですが皮剥けがまったくありません

トレチノインに関する Q&A

Q1
トレチノイン治療をぜひ受けてみたいのですがなにしろ遠方です。 肝斑と診察をうけました。なかなか改善しません。料金も家庭の主婦でも魅力的です。 お医者さまですから来院して診察を受けなければ治療して頂けないのはよくわかりますが、なんとか、トレチノイン治療をうけれませんか?
山本
HPの症例写真の方、特に、左側の方は、周囲も本人も驚くほどきれいになられました。写真を撮る時も、うれしくて笑って、シワが入っています。3クールしましたので、1年かかりました。この治療はとても根性が要ります。自分で、トレチノインによって起こる皮膚炎すなわち、皮膚の赤み、痒み、皮膚のぼろぼろ、乾燥と戦いながら、毎日コツコツと塗り続けるのです。周囲の目も気になるし、治療を疑いたくなるかもしれません。 (TOPページのコラムから入りバックナンバーの或るシミ取り奮闘記を参照してください。 こちら>>>> ) お気持ちはよくわかりますが、あくまでも治療ですから、一度もお肌の状態を診ないで、治療を開始することはできません。お近くの皮膚科、形成外科でトレチノイン治療をされているところをお探しいただいたほうがいいかと思います。
Q2
顔全体にシミが、地図状にできています。 レチノイン酸とハイドロキノンの使用はますます濃くなってしまいました。
山本
まず、このシミが 何なのか、診断してもらう必要があります。肝斑は、レーザーが効きませんので、トレチノイン治療の適応です。濃くなったのは、やり方に問題があったのかもしれません。途中でやめたりしませんでしたか。効果がなければ、レチノインの濃度を上げることもあります。或いは、この治療の途中で、日焼けしませんでしたか。 1クールで効果なくとも、2クール、3クールとすると、取れてきますので、1年ぐらいかけて治療するつもりで、根気よく続けてください。
Q3
レチンAとは トレチノインと同じなのでしょうか?
山本
商品名が、レチンAです。一般名がトレチノイン(all-trans retinoic acid)で、他に、商品としてレノバ、ベサノイドなどがあります。米国では、ニキビ治療外用薬として0.025%濃度のレチンAと光老化皮膚に0.05%のレノバがFDAに認可されています。海外より、製品を個人輸入して購入する必要があります。 トレチノイン治療として当院では、0.1%、0.3%、0.5%のものを院内調合し、使い分けています。濃度が濃いにもかかわらず、0.1%のもの10gで、1200円。1ヶ月、顔全体に使用できる量です。1ヶ月過ぎると新しいものに変えていただきます。1ヶ月で約1割分解しますので新しいものにかえます。トレチノイン治療は、あくまでも治療として、医師の下で行います。
Q4
トレチノイン治療を始めたいのですがどのようになるのですか。治療中、注意することがありますか。
山本
人により反応が様々です。数日して赤くなるひともいれば、無反応の人もいます。反応がなければ、濃い濃度に変更していただくこともあります。HPのトップページの時間外診療より入り、バッナンバーのNo4、或るシミ取り奮闘記を参照してください。 こちら>>>> 東大の吉村先生のHPも参照してください。 治療中は、肌の乾燥と日焼けに注意してください。治療中は妊娠は避けてください。
Q5
トレチノインとハイドロキノンを通販で購入したいのですが、可能でしょうか。
山本
申し訳ありませんが、個人個人で、反応が異なりますので診察をしながらでないと 治療できません。慣れておられる方は、2クール目からはお送りできます。
Q6
出産後、目の下に肝斑ができてしまいました。トレチノイン治療は妊娠中は受けれないとのことですが、授乳中はどうでしょうか。
山本
催奇性があるかどうかですが、米国では、トレチノインの外用では催奇性はありえないとの結論で、仮に注意するとしても、妊娠している場合のみで十分であるといわれています。トレチノインが、実際に吸収され、血液中に入る量は、投与量、吸収率、半減期から考えて非常に低いものです。授乳により、赤ちゃんに移行する率はさらに低いでしょう。しかし、塗布中のトレチノインが、赤ちゃんに触れないように、注意することは大事です。日本では、まだ、トレチノインそのものの使用が認められておらず、個人で調合して自費診療で行っています。しかし、シミ、シワ、ニキビ、肌の若返りに対する効果は、使い方を守れば抜群の効果です。肝斑は、何クールかが必要ですが、確かに薄くなっていきます。
Q7
現在5週目ですが、レーザー後の赤い色素沈着が全然消えず、トレチレイン治療のシミも薬の浸透が悪いのか、重ね塗りしても反応しません。レーザー後の色素沈着もすごく気になります。今後の治療の進め方お願いします。
※ 2月4日レーザー治療。2月20日よりトレチレイン。
山本
両頬部の濃いシミ2箇所のみ、レーザーを照射し、あとのところはは、トレチノイン治療で取りたいという御希望でした。 8日後、レーザーのところは、ほぼ取れピンクの皮膚になっているのを確認しました。その日から、色素沈着防止のため、ビタミンCローションとハイドロキノンをつけていただいています。 このハイドロキノインで、赤みがでることはありますので、余り赤みがきつい場合は中止していただく場合もあります。 2月20日から、トレチノイン治療を御希望でしたので、この治療期間中は、赤みが強く出るのは普通の反応としてでるので、あえて、この治療にも含まれるハイドロキノンは、中止していただきませんでした。 現在0.1%のトレチノインですが、反応が弱い方は、0.3%に濃度を上げる場合もあります。しかし、もう、1ヶ月たっつてしまっていますし、あと1ヶ月このまま続行し、2ヶ月位休止し、今度は0.3%或いは0.5%から開始されるのがいいと思います。 それでも、残りのシミが取れなければ、やはりレーザー治療になると思います。 レーザーのところの赤みは、トレチノイン、ハイドロキノンを止めれば赤みは引いてきます。
Q8
以前から気になっていた顔のシミ(肝斑と思われる)を取りたい一心で大阪市内の皮膚科でトレチノイン治療をはじめました。あらかじめ東大の吉村先生のHPを見ていたので、やりはじめてからすぐ2、3日で赤くなり始めたのも特に不思議ではなかったのですが、肝心の先生が?赤くなり過ぎだ。すぐ中止するように」と1週間後の定期検診のときに言われ、赤味止めの抗生物質とステロイド軟膏を渡され、赤味がひいてから再度挑戦したのですが、又、赤くなり「この治療はほんのり赤くなるぐらいでいいのであって赤くなりすぎる貴女には合わない」と有無を言わず治療を中止されてしまいました。途中で止められたので返って今まで余り目立たなかったシミが浮き出たようで目立ち、気の滅入る毎日です。ハイドロキノンで沁みたり赤くなる事はなく、トレチノイン剤が私には濃度が高かっただけなのでは?(使用したのもは0.05%のものです)と思えてなりません。突然こんなメールをして、申し訳ないのですが、先生のところで、診ていただけたりアドバイスいただけないかと思い書かせていただきました。
山本
トレチノインは、赤くなるのは当然なので、少々の赤みは、当然の反応として、治療を続行しています。 実際に診察をさせていただいたわけではないので、どの程度のものであったのかは、わかりませんが、赤み止めに抗生剤、ステロイド軟膏を使うことはありません。 途中で止めると、確かにシミが浮き出たようになることもありますので、最低1ヶ月は続けます。 当院では、治療ですから、トレチノインは、まず0.1%のものから、使用して、反応がなければ、0.3%や0.5%のものを使います。それでも、肝斑は、何クールかは必要です。 ビタミンCのイオン導入、ビタミンCやトランサミンの内服で様子をみられてはどうでしょうか。
Q9
私は、にきびに、トレチノインを使って、もう2ヶ月がたちます。でも、使う前より、赤いぶつぶつが増え、なかったところにできたりもします。治る気配がありません。でもこのまま続けたほうがいいのでしょうか?
山本
漫然と、塗布を続けるより、トレチノインを処方していただいている先生に相談されるのがいいと思います。 或いは、どこか他で購入されたものでしょうか。 トレチノインの濃度も、こちらでは分かりかねますので申し上げようがありません。
Q10
ニキビにトレチノイン治療を開始して1週間たちますが、顔は真っ赤で乾燥しツッパリ感もあるのですが皮剥けがまったくありません。この場合は薬は効いているのでしょうか?
山本
トレチノインの反応をみせていただく為に、1週間後には受診して頂くようにしています。1週間前後で、皮膚は赤くなり、乾燥しツッパる様な感じがしてきます。その後、皮膚がボロボロとめくれてきます。顔でも、反応がでやすいところと、でにくいところがあり、人によっても、反応は様々です。中には、めくれてこず、1週間前後の反応としては、この程度の人もいます。1、2ヶ月は根気よく続けてみましょう。