耳鼻咽喉科

耳が痛い

救急の訴えとして一番多いものですが、深夜であれば、翌日受診すれば問題ありません。

急性中耳炎
子供に多いですが、大人も稀にあります。 風邪を引いている時や鼻汁の多い時に おこりやすいです。
深夜に突然痛くなっても大騒ぎして、救急でかかる必要はありません。
痛いのを我慢するか、痛み止め(解熱の飲み薬や座薬)で抑え翌朝まで待ち受診すれば 差し支えありません。
手遅れになって、耳が聞えなくなることはありません。
耳だれが出る前、特に痛むことがありますし、出てしまえば急に楽になります。
痛み止めで治まらない時や、鼓膜が腫れている時は、鼓膜切開をすることもあります。
翌日受診すれば、問題ありません。

急性外耳炎
耳掻きをやり過ぎた後、よく耳を触る癖の或る人、耳に入った水を無理に出そうとして
触りすぎた時になります。耳に当たったり触れたりするととても痛みます。
腫れや滲出液で聞えにくくなることもあります。 きつい外耳炎になると、中耳炎より痛く、
痛み止めもすぐには効きません。 とても痛みますが、救急でかかる必要はありません。
翌日受診すれば問題ありません。

耳から血が出る。

耳掻きの失敗、或いは耳掻きしている時に、当たられてグサッと刺してしまいます。
血がでますが、翌日受診すれば問題ありません。

外耳道外傷
外耳道に傷があり、血が溜まると聞えにくくなります。

鼓膜外傷
鼓膜に穴が開き、そのために聞えが急に悪くなります。
さらに深く突いてしまうと、めまいがおこることもあります。



  • 参考になる質問と答え