耳鼻咽喉科

 異物

気管、喉頭異物以外は、慌てる必要はありませんが、翌日には必ず受診してください。

気管・喉頭
小さいもの(金冠、歯、釘、針、豆、おもちゃ・・)は、すぐには危険性はありません。
大きいもの(おもち、肉塊・・)は、窒息死する可能性があります。
家でも、ハイムリック法、背中を叩く、掃除機で吸う、を試み救急車の到着を待ちましょう。


昆虫(蚊、蛾、ゴキブリ、ムカデ、蟻・・)が入った時、取り除こうとしてライトで照らすと、
静まっていた虫を興奮させる場合があります。
甲虫類は、ライトを当てても、バックせず鼓膜の方へ押し進もうとします。
睡眠中に突然耳の中に侵入してくることがあります。
ムカデや蟻は耳の中で暴れ周り、飛び上がる位痛いです。
油をいれると、後の処置が困りますので、まだシャワーの水で洗い流す方がましてす。
どうしても取れない時は、救急で受診してください。

静物(ティシュ、石、ビーズ、パチンコ玉、水・・)の場合は、自分で取ろうとせず、
翌日受診する方が賢明です。触り過ぎて、外耳炎を、起こすと、ますます取れなくなります。

咽頭・食道
やはり魚骨が一番多いです。大きな骨(サンマ、タイ,アジ)は、痛いです。
小さな骨(ウナギ)も、飲み込むとチクッとします。
コイン、海老の殻、パンの耳、貝殻、薬のシート、入れ歯、・・が異物としてたまにあります。
骨が刺さった時、ご飯を丸呑みするのは、余りお薦めできません。
我慢できる痛みなら、翌日の受診でもかまいません。


子供が、ニオイ玉、ビーズ、ティシュ、消しゴム、するめ、豆、綿・・を誤って入れてしまいます。
余り痛くないことが多いですが、入れた可能性がある場合は、必ず診てもらいましょう。
放置しておくと、鼻が臭くなってきます。



  • 参考になる質問と答え