耳鼻咽喉科

鼻出血

◆ 子供の場合

鼻の入り口、1.5cm位のところに、毛細血管の多い場所(キーゼルバッハ部位という名前がついているくらいです。)があり
そこからの出血が99%です。
したがってそこを圧迫すれば確実に止まりますので、慌てる必要はありません。
血を飲み込まないために、座った状態でやや、うつむいた姿勢をとり、
血が出ている方の小鼻を中心に向って10分間圧迫してください。
止まらねば、少し位置をずらして、さらに10分圧迫してください。
鼻の根元をつまんだり、冷やしたり、首の後ろを叩く方がいますがなかなか止まりません。
深夜に出た場合でも、たいていこの方法で止まりますので、翌日受診すればいいです。

◆ 大人の場合

上記の方法で止まることが、90%ですが、出血量が多いので、絶対飲み込まないことです。
救急車或いは、車で来られる時、仰向けで来られますが、この姿勢では、 大量の血を飲んでしまうことがあります。
後で胃酸と、血の成分の鉄が混じり、酸化鉄となり、気分不良、吐血の原因となります。
小鼻を押さえていないと、大量に出続けることがありますので、 しっかりと、長めに圧迫することが大事です。
この方法で止まれば、翌日の受診でもいいです。
稀に、鼻の奥の方から、大量に出血することもあり、救急の処置が必要になります。
特殊なタンポンを鼻に入れて止血、点滴、入院が必要になることもあります。



  • 参考になる質問と答え