耳鼻咽喉科

一般診察 アレルギー性鼻炎

前鼻鏡検査で、鼻の奥を診ます。

鼻漏の色、粘度、量、鼻漏がどの部位から出ているか、
鼻粘膜の色、腫れ具合を診て症状とあわせて大体の診断がつきます。

稀に悪性の所見がありますので注意して観察します。
必要により、鼻咽腔ファイバー検査、後鼻鏡検査、レントゲン撮影、鼻汁好酸球検査をします。

  • 症例写真のページへ
  • 参考になる質問と答え