形成外科

その他 トレチノイン治療

=より美しい皮膚のためのトレチノイン治療=

シミ、小ジワ、ニキビなどから肌を守るために、日頃から自宅で行う方法です。

1クール:4〜8週間、朝、夜、続け、耐性ができるので4〜6週間休み、再開できます。
レチノイン酸とは、ビタミンAの誘導体で、生理活性は、ビタミンAの300倍あり、
ビタミンA類の体内での生理活性そのもので、誰でも血液中にごく微量流れているものです。
トレチノインは、米国ではシワ、ニキビの治療薬品として、FDAに認可されており、
非常に多くの患者さんに皮膚若返りの塗り薬として、使用されています。
現在、多くの化粧品会社からシワに効果があるとしてレチノールクリームが、
市販されていますが,レチノイン酸の100分の1の生理作用しかありません。
皮膚の老化がすすむと、皮膚のくすみ、シミ,シワが現れますが、適切な処置を施すと、
これらを改善させることができます。
やや異なるところもありますが、東大形成外科のプロトコールにしたがって
治療をすすめています。治療期間中は、妊娠は避けて下さい。
参考:http://www.cosmetic-medicine.jp

1・フルーツ酸石鹸でソフトピーリング。洗顔する。
2・ビタミンCローションを化粧水としてつける。治療中は、しみてきます。
3・オイルを乾燥が強い時に使用。治療中はかなり乾燥してガサガサします。
4・日焼け止めクリーム(SPF45,PA+++)日焼け防止がとても大事です。
5・お化粧は、御自分のファウンデーションで始めて頂けます。

1・フルーツ酸石鹸で洗顔。
2・ビタミンCローション
3・トレチノインを茹で小豆大にとり、すぐにつけ、2分間乾かす。
  ※メラニン細胞を浮き上がらせる働き。5日目〜かなり赤く腫れて剥けます。
3・オイル 乾燥が、強い時たっぷりと使用。
4・ハイドロキノンクリーム
  ※メラニン細胞を作らせない働き。トレチノイン終了後も2週間続ける。
5・白色ワセリン 乾燥しやすい目鼻口のまわりに必要ならつける。

■シミの方は、朝もトレチノイン・ハイドロキノンクリームをしていただく場合もあります。

料金
・フルーツ酸(グリコール酸)石鹸 赤2%青0.6% 2,000円 から
・スクワランオイル 3,200円
・5%リン酸ビタミンCローション120ml 4,000円
・日焼け止めクリームドゥーエ40g  2,200円
・0.1%トレチノイン水性ゲル10g(1ヶ月毎) 3,600円
・5%ハイドロキノンクリーム5g 500円
・白色ワセリン 500円
トレチノイン


  • 症例写真のページへ
  • 参考になる質問と答え