形成外科

一般診察 外傷・打撲

怪我をされた場合、形成外科で縫合されると、より綺麗に仕上がります。
特殊な細いナイロン糸で、傷口をぴったりと合わせます。
場合により、皮膚の下に、埋没縫合を施し、傷口の緊張を軽減させます。
傷口の緊張が少ないと、巾の狭い傷あとですみます。
1週間から10日後に抜糸をしますが、抜糸後のテーピングを指導させていただき、
色素沈着の防止につとめ、半年後には綺麗な傷になるよう処置をしていきます。



  • 症例写真のページへ
  • 参考になる質問と答え