形成外科

レーザー治療 あ ざ

青アザ(太田母斑、異所性蒙古斑)は、Q-スイッチ系レーザーで、消すことができます。
茶アザ(扁平母斑)は、消える場合もありますが、再発が多いです。
しかし完全に消えなくても、小さくなったり、薄くなることがあります。
黒アザ(先天性母斑)は、レーザーで消せませんので、切除します。
赤アザ(単純性血管腫、苺状血管腫,毛細血管拡張性母斑、 ポボートワイン母斑)は治療ができます。
苺状血管腫は、以前は、自然に消えていくので何もしないでいいように言われていました。
小さくて盛り上がりの無いものは、それでもいいですが、大きく盛りあがったものは、
シワシワになり、赤い色が残ることもあります。
生後2週間や1ヶ月からでも、レーザーで大きくなる前に消してしまうというのが、最近の考え方です。



  • 症例写真のページへ
  • 参考になる質問と答え