形成外科

日帰り手術 眼瞼下垂

先天性のもの、後天性のもの、加齢によるものなど、原因は様々です。
視野が狭くなり日常の生活に支障をきたす、頭痛や肩凝りの原因となる場合、
外見的な不自然さや左右不対称が気になるなど、訴えも様々です。
外見的な仕上がりを十分考慮し、上眼瞼を上げる機能回復手術が必要です。
ほとんどの場合、挙筋の手術が必要ですが、上眼瞼の皮膚切除だけで効果が得られる場合もあります。
主目的ではありませんが、皮膚縫合の際二重にすることもできます。



  • 症例写真のページへ
  • 参考になる質問と答え