形成外科

日帰り手術 眼瞼下垂【症例写真】

腱膜性眼瞼下垂(両目)

症例1
症例1
 

【術前】 目をあけるのにおでこの筋肉を 酷使しているので、シワが深い。
【術後1週間】 ご本人の希望で、はっきりとした 二重にした。
【術後2ヶ月目】 自然な感じの二重になった。 おでこのシワもほとんど わからない。
 

先天性眼瞼下垂(右目)

症例2
症例1
 

【術前】 生まれつき右上眼瞼が下がっている。 目を開けるのに常におでこに、
力を入れるので、平常でも、右眉が上がっている。
【術後1週間】 腫れがある。
【術後5ヶ月目】 両眉の位置は同じ。 左右差はほとんどなくなった。
 

左腱膜性眼瞼下垂

症例3
症例1
 

【術前】 20年前より左上眼瞼の下垂が 目立ち始める。 38年来コンタクト使用している。
朝は、左まぶたを持ち上げないと、 目が開かないという。
皮膚切除は行わず、挙筋を 10mm短縮した。
【術後1週間】 抜糸直後 腫れがあり、充血も少しみられる。
【術後1ヶ月目】 腫れも引き自然な感じになる。 皮膚切開の方法であるが、
切開線は、目立たない。 ※右目に合わせたため、 二重にはしてない。
 

右腱膜性眼瞼下垂

症例4
症例1
 

【術前】 2年前より右が下垂してきた。 スプレーが目に入り、擦り過ぎたことで さらに悪化し、
運転に支障をきたすようになった。
【術後1週間】 抜糸直後 腫れもあり、切開が二重のようにみえる
【術後5ヶ月目】 目を開けるのが非常に楽になった。
二重の線も全くなく、 本人の希望通り、一重に戻った。
 

老人性眼瞼下垂

症例5
症例1
 

【術前】 加齢による皮膚のたるみが原因で、上眼瞼が下がってきて物が見えにくい。
テレビが見えにくい、運転できないという訴えで来院されました。
上眼瞼の余分な皮膚を取り、希望により、二重になるように縫合しました。
【術後3ヶ月目】 まだ、少し腫れがあります。
視界が広がり、光も入るようになり、物が明るく見えるようになりました。