医院のご案内

医院概要

医院外観
医院名
山本耳鼻咽喉科・形成外科
院長
山本ゆき子
主任
神山三世
開院
2001年7月
所在地
京都府相楽郡精華町光台4丁目29−2
(けいはんなプラザ斜め前・光台3丁目バス停前)
TEL(0774)98−3339(ミミサンキュー)
FAX(0774)98-3304
ご予約
一般再診療予約専用(0774)98−3833※音声案内
手術・レーザー治療・メデイカルエステのご予約は
TEL(0774)98−3339(ミミサンキュー)まで。

院長紹介

山本ゆき子

院長 山本ゆき子

鳥取県日野郡日野町生まれ。
大阪府豊中市豊島小学校、豊中第一中学校、豊中高校を卒業。
ここまでは、弟(生駒市山本耳鼻咽喉科、院長)と同じです。
私は、東京女子医科大学、弟は、奈良医科大学をそれぞれ卒業しました。
両親は、教師ですが、祖父母が、医者だったので、その影響を強く受けました。
祖母は、産婦人科の医者で、奈良県で、初めての女医だったそうです。
祖母は、32歳で亡くなりましたが、継祖母は、82歳まで生き、私をかわいがってくれました。
やはり、産婦人科の医者でした。2人とも、東京女子医専の出身でした。

さて、S51年、卒業と同時に、東京警察病院形成外科に就職しました。
関西出身ということで、関連病院の、兵庫県立こども病院に配属され、2年後に東京へ帰る予定でした。
一般外科、耳鼻科………と色々な科を回るうちに、耳鼻科へ居着いてしまいました。

兵庫医科大学耳鼻咽喉科で、本格的に耳鼻科のトレーニングを受けました。
神戸鐘紡病院耳鼻科医長を経て、S57年、生駒市にて開業しました。

あっという間に、開業の12年間が経っていました。偶然に、弟が同じ耳鼻科医で丁度、開業を考えていましたので、弟に、医院を譲り、初心に戻り、京都大学形成外科同窓会へ入れて頂きました。
…もし、あの時、弟が替わってやると、言ってくれなかったら、私のこの第二の人生は、始まりませんでした。H6年のことでした

一色形成外科、京都きづ川病院、医仁会武田病院での形成外科トレーニングは、大変、充実したものでした。
手術室へ入る時の緊張感が、何ともいえず好きでした。
もう少し、京都で勤務医を続けるつもりだったのですが、諸種の事情で、実家の近くの精華町光台で、開業することになりました。

以上のようなわけで、山本耳鼻咽喉科・形成外科が、新しく始まりました。
今までの経験をいかして、患者さんに喜んで頂けるような医院にしていきます。